パティシエ見習い in ドイツ

ドイツで製菓の職業訓練中。yamakochenのマイペースな日常と製菓・カフェにまつわる情報の記録。

自分という存在①

f:id:yamakochen:20200819230513j:plain

ブログを見てくださる方々、「ありがとうございます。」

感謝の気持ちを込めて、ハートのラテアートがほどこされたカプチーノの写真で始まりです。

(最近訪れて気に入った、Puchheimという街にあるDas Kaffeehausにて)

 

さて、表題の件ですが、ここ一か月半ほど全く投稿していなかった上、投稿したとしても自分の考えの記録のような記事しか書いていなかったにも関わらず、見てくださる方がいて、そして少しずつ閲覧してくださる方が増えてきていて、嬉しいです。

実は、ブログを始めたきっかけに、自分を認めてくれる人の存在によって自分に自信をつけたい、といった気持ちが強くあったように思います。

 

人間誰しも苦悩は抱えていると思いますが、私は、多分高いレベルのことや完璧を求めるからなのでしょう、自分や生きることに対して否定的な感情を抱いたり悩んだりしやすく、そんな中でも頑張っている自分を認めてほしいという自己承認欲求の高い人間だと思っています。

(他人から認めてもらい、求めてもらうことに生きがいを感じる人間なのかなとも思います。)

 

今まで、ネガティブな感情を、他のSNSで投稿しては、そんな投稿をしている自分が嫌になって、恥ずかしくなって、投稿した直後にやはり削除するということも結構ありました。

広いコミュニティの中で誰に見られているかわからないし、そんなネガティブでメンヘラな投稿をしていては、見られた相手に会うのも苦しいなとも思っていました。

 

ですが、ブログというのは、見る方が自分から興味を持って訪れてくださるものですので、そうした方が増えるというのは、自分の生き方や考え方に興味を持ってくださったり認めてくださったりしている気がして、自分の生き方に自信がつくことに繋がっていると感じています。

 

私は小さい頃からよく、「私が生まれてきたのは何故なのか。」「私にしかできないことは何なのか。」と考えることがありました。

私が悩みやすい原因は色々あるのですが、そのひとつが、私が私であることの意味を考えすぎる、ということにあるのだと思います。

(他の人にはなれないので、誰が何にどんな程度悩んでいるのか、自分の悩みがどの程度のものなのか、というのはわかりません。生きれているだけ、きっとありがたいのです。) 

 

そして、最近よく再認識することなのですが、私は他人からの目を気にしてしまうから、そして、人間関係をうまく割り切れないから、生きづらいのだろうな、と思います。

昔から比べ、自分は自分、と思えるようになったので楽にはなりましたが、それでも生きづらいのは、やはり他人からどう思われているかというのをまだ気にしてしまうことに加えて、自分にとってどうでもいい相手・悪い影響を与える相手を、関わる必要はない、と割り切れないからなんだろうな、とも思います。

 

今以上に周りの評価を気にしすぎていた時に、「全ての人に認めてもらうなんて無理!」といつしか悟りを開いた時のように、面倒な人間関係についても、この人とは関わる必要なし、上辺だけの関係でおーけー、と割り切れるようになれば、もっと自分という存在を大切に楽に生きられるようになるのでしょうか。