パティシエ見習い in ドイツ

ドイツで製菓の職業訓練中。yamakochenのマイペースな日常と製菓・カフェにまつわる情報の記録。

自分という存在②~新しいスタート

f:id:yamakochen:20200823194651j:plain

10月1日より職場を変更することにしました。

職業訓練を初めてから1年が経とうとしています。

その期間職場を変えるべきかなという思いが頭から消えずにいて、目標は2年目を迎える9月1日をもって新しい職場に移ることだったので、少し遅れました。

 

実は、この決断は今までの自分ならできなかった決断で、この決断が正しいのか、不安で仕方ありません。

☆でも、逆を言えば、今の自分だからできる決断で、自分を変える時期に来たのだと思っています。

 

私は粘り強い性格で、自分で決めたことは諦めずに最後までやり切ります。

それから、真面目な性格なので嫌なことでも放り投げずにやります。

☆でも、今まで、早い段階でこれを続けるのは違うという決断をし、他の選択肢を取る行動をしていたら、変わったことがあるのかな、と考えることも多かったです。

 

私は、ドイツで職業訓練をすると決めた時、「同じ会社で3年間勤めることはきっと苦しいだろう。でも、日本でも同じ会社で4年間勤めていたんだし、嫌なことがあっても最後まで頑張れる。きっと3年間はあっという間だ。」と考えました。

ですが、言葉にして発信するということの記事で、会社での悩みについては少し触れましたが、その他様々な理由により後2年今の会社に残るのが苦しく、また将来のためを思うとここに残るのは違うと感じることがよくありました。

私は、自分がここまでやると決めたことは途中でなかなか諦めないですし、まだこれから2年ここで学ぶことが残っていると考えると、やはり途中で投げ出している気がして、この決断が正しくない気もしていますし、昔の自分だったらきっとできないものです。

 

☆ただ、今までの自分の経験から考えて、今は途中で投げ出すということをしているのではなく、自分がよりよく生きれる環境を求めて、時間を無駄にしないように早めの決断をしているんだと考えました。

職業訓練続けております。の記事にも書きましたが、人生短すぎると思うようになったからこそ、自分が今までできなかった早めの決断をすべき時だと思いました。

 

不安の原因は、今までの自分と違う選択をするということの先に、ようやく慣れてきた今の職場環境を手放して新しい職場に移り、一から多くのことを学ばなければならないこと、新しく人間関係を構築しなければいけないこと、その苦労やストレスを思うとまた自分のプライベートの部分を上手く保てなくなるのではないかということ、それに加えて、金銭的にも厳しい状況になるというリスクを負ってまでして、新しい職場が今の職場よりもいいという確実な保証はないことにあります。

 

でも、もしこの選択肢を後から間違いだったと感じることになったとしても、自分の目で確認し、現場で色々と感じて、自分が出した決断なので、後悔はしないです。

動かないとわからないことがあるし、自分から動かなければ変わる確率はなどとても少ないのです。

自分で動いたからこそ、得るものがあるし、人に伝えられることがあると信じて、強く進みます。

 

そして、環境を変えられるのは、周りの支えもあってなので、感謝を忘れないようにしなければならないりません。

ありがたいことに新しい会社の人に高く評価していただき、是非働いてもらいたいと言ってもらえ、色々とサポートしていただいています。

実はこれはとてもプレッシャーで、私は自分の実力よりも高く見られることが多いと思っているし、期待していただいているほどの力が出せる自信もありません。

けれど、きっとそういう環境に身を置いた方が自分を高められると思います。

 

不安は本当にたくさんだけれども、今までの経験を自信にして、きっと今の自分なら大丈夫と言い聞かせて頑張ります!

そして、たくさんの人に感謝をして、この職業訓練中のドイツ滞在が充実したものになったと言えるように、新しい環境で一歩ずつ成長していきたいなと思います。