パティシエ見習い in ドイツ

ドイツで製菓の職業訓練中。yamakochenのマイペースな日常と製菓・カフェにまつわる情報の記録。

Konditorei Wiedemann

f:id:yamakochen:20201101233652j:plain

ドイツでは明日11月2日(月)より、多くの飲食店がコロナの規制強化のため3週間休業します。

今回ご紹介するこちらのお気に入りのケーキ屋さんも、この期間中は閉まっているとのこと...

残念ですが、疲れると癒しを求めてカフェに行きがちな私にとって、節約の契機なのであります!(ポジティブ!)

 

さて、こちらのWiedemannというケーキ屋さんは、ミュンヘンから電車で30分ほど、Fürstenfeldbruck(フュルステンフェルトブルック)という街にあります。

 

写真のケーキはMocca-Basier(モカベゼー)というもの。

ベゼーというのは、卵白と砂糖を泡立てて乾燥させたお菓子。代表的なのはメレンゲですね。

実は私はメレンゲは苦手です。ただただ甘く、口の中で乾燥した砂糖の固まりが残るだけという印象でしたが、こちらのお店のものは、甘さ控えめ、モカの風味が心地よく、さくさくほろほろと口の中で溶けてしまうようでした。

ケーキだと思って頼むと大失敗なのですが、苦手だったメレンゲを美味しいと思えました!

実はあまり深く考えず、食べたことないケーキと好きなモカ味に惹かれて注文したのですが、食べてから「これは私が思うケーキではない!」と感じ、数日前に職業学校で習ったベゼーの知識を思い出したのでした。

 

f:id:yamakochen:20201102000439j:plain

こちらはBananenkuppel(バナーネンクッペル:バナナドーム)という名前のケーキ。

味は特別美味しいというわけではなかったけれど、見た目と名前が気に入りました。

 

f:id:yamakochen:20201102000652j:plain

こちらはHolländerkirschtorte(ホレンダーキルシュトルテ:オランダのチェリーケーキ)。

ドイツのパン屋さんケーキ屋さんでは比較的よく見かけるケーキです。

さくさくのパイ生地にサンドされたふわふわのクリームと、甘酸っぱいチェリーのハーモニーが素敵なケーキ。

なぜこの名前なのか知りたい...

甘さ控えめ口当たりの軽いクリームで、ぺろりといただけました。

 

f:id:yamakochen:20201102001254j:plain

Mocca-Sahne-Torte(モカザーネトルテ:モカクリームケーキ)という名前だったかな?

こちらのケーキ屋さんは、私がこれがドイツのケーキ屋のケーキ!とい思うような大きさなのですが、クリームが軽く甘さがしつこくなくて、全て平らげられてしまいます。

ただ、スポンジケーキは日本の方がしっとりふわふわしていて私の好みなのです。

ドイツのスポンジケーキはきめが粗めで少しぱさぱさとした印象を、私は受けます。

 

さて、こちらの街ですが、日本人が歩いているのを見かけたことがない。

ミュンヘンではたくさん見かけるのに。

店員さんが、数少ないアジア人を毛嫌いすることなく、珍しくて好ましく思ってくださったのか話しかけてくださり、嬉しかったです。

1回目の来店から1週間後にまた訪れたら、「あなたはケーキを食べるのがお好きなんですね(^^)」と声をかけてくださいました。

 

また、営業再開したら、絶対行こう♪♪

いつも食べられるより待った方がきっと美味しいね。