パティシエ見習い in ドイツ

ドイツで製菓の職業訓練中。yamakochenのマイペースな日常と製菓・カフェにまつわる情報の記録。

田舎暮らし再開。現在失業中。

f:id:yamakochen:20201002145020j:plain

9月末を持って以前の職場を退職し、10月1日から新しい職場で勤務開始したかったのですが、事務手続きが思うように進まず、現在失業中です。

外国人局からビザ上の職場変更が認められるまで、働くことができないため、収入もありません。

 

不安はありますが、新しい職場の事務員さんが手厚く援助してくださっているため、きっと大丈夫と気持ちを強く保つことができています。

しかし、3年という職業訓練の中で、現場で学ぶことができないというのは、実践が身に付かないという不安ともったいなさを感じます。

とはいえ、今年はコロナの影響で、会社に行けず自宅待機をしていた訓練生がいたり、学校は感染を防ぐためにオンラインの授業、もしくは開校されたとしても実技はなしという状況で、現場で学べるということが当たり前でなくなっていました。

出来ることを自分で考えて行動に移す、ということが大切だと感じます。

 

さて、話は変わり、新しい街はのどかな田舎街です。

家から少し歩けば、小麦やひまわり畑、綺麗な湖があります。

それとともに、また反対側へ少し歩けば、飲食店が立ち並ぶ街の中心地へ出られ、ほどよい賑わいがあるとても素敵な街です。

 

私は、田んぼに囲まれて育ったような田舎出身者ですが、大学から大阪に出て、社会人になってからは梅田で働いていました。

日本の都会というのは、新しい文化が入ってきておしゃれなものに溢れていて、わくわくしますが、都会暮らしに疲れてもいました。

大阪を離れドイツはミュンヘンにやってきましたが、梅田には全く及ばないとはいえ、やはり都会味のある暮らしに、私の気持ちは田舎暮らしを求めているな、と感じることが増えていきました。

 

そして今、何年ぶりかにまた田舎暮らしを再開しました。

広大な草地、素敵な空気と緑に振れて、生まれ故郷を思い出します。

 

職場変更にあたりゆっくり休める期間がなかったので、失業中という身ではありますが、田舎街で少し落ち着けるための時間をいただいたと思って、新しいスタートに向けて心身を整えます。

 

f:id:yamakochen:20201002145020j:plain
f:id:yamakochen:20201002145038j:plain
f:id:yamakochen:20201002145107j:plain
f:id:yamakochen:20201002145140j:plain

f:id:yamakochen:20201002160007j:plain